土地(不動産)の相続と節税

親族が亡くなって相続をするのは、手続きや申告が大変で素人にはかなりハードルの高いものです。
預金や現金とは違い、株や土地・家屋(不動産)などの場合は名義変更が必要となりますので、手続きには労力を要します。
資産家にとって、さらに頭を悩ませるのは相続税です。売却しやすい(購入時より損はするかもしれませんが)株式と違って、 土地や建物などの不動産は売却や処分も簡単ではありません。 また、実家を相続したものの、自分は遠方で暮らしており、実家が空き家状態というケースも少なくありません。 空き家とはいえ、所有している限り固定資産税等の費用は発生しますので、売却するなり活用するなり、空き家の管理をせねばなりません。 どのようなケースであっても相続のプロである税理士などに相談しながら対処するべきですが、やはり自分でも基礎知識や流れは知っておきたいですね。

不動産の相続税

売買する場合と相続とでは不動産の評価額も違ってきます。

ちょくちょく不動産を買ったり売ったりとしている人なら土地の価格にも敏感で、 ケースにより評価の方法が変わってくることも知っているでしょうが、あまり土地の 取引をしたことのない人だどそのへんの知識はほとんど持っていないでしょう。 土地には定価のように決められた値段は無く、一物四価と言われるように複数の 価格がひとつの不動産に対してつけられています。 実勢価格になる売買取引価格で買ったり売ったりされますが、土地の評価額は それだけで決定するわけではないのです。

続きを見る

路線価

土地の評価額でたまに耳にする路線価ってなんでしょう。

路線価とは全国の主要な市街地の道路(路線)の価格で、国税庁が示す金額です。 それぞれの土地ではなく主な道路のみになりますが、周辺の不動産価格の参考に なるので意義のある値段といえるでしょう。 贈与税や相続税ではこの路線価で土地の評価をするので、売買はしないけど不動産 を相続するつもりの人には関わりの深い評価額になります。 固定資産税評価額とは違い毎年評価をするのですが、その日時は1月1日になり 価格が公表されるのは夏ごろになります。

続きを見る

小規模宅地

相続税には小規模宅地の減額特例というのがあるのです。

納税した人でなければわからないでしょうが、相続税は結構な金額になるので 嬉しい反面ダメージも甚大になるかもしれません。 その不動産を手放して(売って)納税するしかない、そんな状況になる人もいる ようですが、その土地に被相続人の住んでいる住居があったり事業を営んでいる 場合は手放すことのできない大切な生活の一部になります。 相続税の負担は大きいけれど相続と同時に手放すことになったら人生が狂って しまうので、ちょとばかり気の毒です。

続きを見る

相続税と節税

現金で持っているよりも不動産で、更に借家があればグッドです。

高齢者にもなれば相続の話もちらほら出てきますが、気になるのはなんといっても 節税に繋がる話題ではないでしょうか。 土地の相続では数千万円、数億円という高額な不動産に課税されるので納税する 額も半端ではない大金になり、なんとか低くする方法はないかとみなさん情報収集 に毎日励んでいることでしょう。

続きを見る

節税できるNISAで株投資デビューをお考えなら
株の学校カブックスの初心者向けセミナー
個人投資家のためのカブックス流売買法で利益を出す
http://www.openingbell.net/